個人のお客様

相談できる内容の例

交通事故

弁護士特約を付されている場合や弁護士費用保険に加入されている場合には、弁護士費用等が補償される場合があります。詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

相続問題

弁護士費用保険に加入されている場合には、その一定限度が補償される場合があります。詳細についてはお問い合わせください。

裁判に訴えられた

所長弁護士には裁判官の経歴があり、複数の視点から事件を検討するよう努めています。専門的事案についてもお問い合わせください。

離婚問題

弁護士費用保険に加入されている場合には、その一定限度が補償される場合があります。詳細についてはお問い合わせください。

不動産関連案件

当事務所には、司法書士、宅建取引士等が在籍しており、トータルに不動産が関連する諸事案を解決できる体制を整えております。

刑事事件・少年事件

身柄拘束後、できるだけ早い段階で事件の事情を把握、法律的に評価して、取り調べへの対応を確定しなくてはなりません。少年事件の場合には「要保護性(=少年の現在の性格や環境に照らして再び非行に陥る危険性があること)」の有無や程度により処分が決定されます。これらの状況や原因を早期に探り、ご両親や学校関係者、雇用先と調整して対策を具体的に策定しなくてはなりません。事件の調査を担当する家庭裁判所調査官との協同的な対応も必要です。

ページの上へ戻る